読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よわい個体

言語性優位の発達障害で感覚過敏持ちの私がよわいなりに日々を生き延びる記録

文章リハビリはじめます

雑文

まめに更新できないプレッシャーに押しつぶされてブログずっと非公開にしてました。

誰も読んでないのにね。

 

この度、仕事を辞めまして、絶賛無職を謳歌中なんですが。

ブログを開設したときくらいから、「自分」というものについて考える時間が増えています。ちょっと振り返ってみたら、「自分」のことをまるで知らないことに気づきました。自分のことを知るために色んな人や機関の助けを借りながら、自分の輪郭を獲得していきたいと思います。キーワードは「自己肯定感」。意識の高い人たちには、まだそんなところにいるの?と笑われそうですが、私にとってはこいつがもうずっと魔物のようにまとわりついているんです。

 

それでね。

まずは自分の好きなことを洗い出して、そこから自分を知ろうと思ったら、やっぱり私は文章を書くことが好きだなぁと再認識しました。

 

私は人に褒めてもらえることを選んで、より人に褒めてもらえる方に進んできました。

結果的には現在無職という誰にも褒めてもらえない状態なんですけども。

小さいころから一番人に褒めてもらってきたのが「文章を書くこと」でした。

書き始めたのは、何より自分が文章を書くのが好きだったから。

でもいつの間にか、書くことは人に褒めてもらうための手段になっていました。書いても褒めてもらえないかもしれないということが怖くて、いつの間にか書くことそのものから遠ざかっていったのでした。

 

でも、書くの好きだったよね、と思い出しまして。

書いてるときに訪れる、自分の書きたい結末に向かって電気が走るように次々明かりが灯っていく、あの瞬間をとても好きだったことを思い出したので、リハビリを始めます。

 

誰が褒めてくれなくてもいい、ただ自分が楽しむための文章を書きます。